Musement Fair 楽曲解説 14. ジオラマ feat. 茂木ミユキ


MUSEMENTの歌姫達の明らかな共通点は「病み付きになる声の持ち主」なのですが、「日本人には珍しい高周波とゆらぎを持つ、100万人に1人の声質を持つ歌手」と評されている通り、茂木ミユキさんも強力な病み付き感のある貴重な声の持ち主です。


通常、歌モノのレコーディングは歌入れが最後の行程になるかと思いますが、私の場合は歌が入ってからオケのアレンジをいじくりたおします。むしろそこからがMUSEMENT作業の本番なのでして、メロディを最大限に輝かせてくれた歌姫達のパフォーマンスを、今度は私が最大限に輝かさせていただく作業です。


茂木さんの歌入れの段階では、オケの様子はこの曲のデモバージョン「Hotel New Diorama」とさほど変わらない状態でしたが、歌が入った後の作業でここまで激変。それほどに、歌声と歌詞から与えられるインスピレーションは大きいのであります。


茂木さん所有のアナログ電子楽器「SUZUKI Q-Chord」の音がどうしても欲しかったので、お願いしてスタジオに持って来ていただきました。Aメロやアウトロで聞こえる「キラキラキラーン」というグリッサンド音がQ-Chordの音です。この楽器でしか出ない、独特の懐かし未来サウンド。茂木さんの優しい母性が溢れるようなプレイでもってアウトロがQ-Chordのサウンドに包まれた時(2回重ねて左右に広げた)、この曲をアルバムのラストに持ってくることを即決。


「Hotel~」と聴き比べると分かる通り、自然に歌が乗るようにメロディを茂木さんがうまく改良してくれました。これはこの曲に於いて重要なポイントです。


ガラスのジオラマ 回転するパノラマ


ドリーミー極まりなく、メロディとの相乗効果がこの上ない言葉。武田カオリさんの「ストーリーズ」の歌詞もそうですが、韻を踏んでいる歌詞はそれだけでグルーヴが生まれます。


MUSEMENTの歌姫の皆さんは不思議と、大きな世界から小さな自分を俯瞰的に見ているような歌詞を書いてくれるのですが、この茂木さんの作詞と歌唱にはそのエッセンスがシンプルな中に凝縮されている気がしまして、それがこのドリーミーな音世界を導き出してくれました。女性が持つ母性のようなものに包まれている幸福感といいますか、、よってMusement Fairの最後を飾るにふさわしい曲となったのでありました。


締めはSUZUKI Q-Chordの逆回転音。